フォローなど

目次

フォローなどを行う

それぞれの操作は、対象のユーザーのページで行える。

フォロー

フォローをすると、そのユーザーのノートをホームタイムラインおよびソーシャルタイムラインで表示できる。ただし、他のユーザーに対する返信は含まれない。

ブロック

ユーザーをブロックすると、そのユーザーは自分へのフォローができなくなる。すでにフォローされている場合はフォローが外れる。

アカウント設定 > ミュートとブロック から、自分がブロックしているユーザー一覧を確認できる。

ミュート

ユーザーをミュートすると、そのユーザーに関する次のコンテンツがMisskeyに表示されなくなる:

  • そのユーザーのノートおよびそのユーザーのノートに対する返信やリノート
  • そのユーザーからの通知
  • メッセージ履歴一覧内の、そのユーザーとのメッセージ履歴

ミュートを行ったことは相手に通知されず、また、相手はミュートされていることを知ることもできない。

アカウント設定 > ミュートとブロック から、自分がミュートしているユーザー一覧を確認できる。

フォローを承認制にする(鍵アカウント)

アカウント設定 > プライバシーで「フォローを承認制にする」を有効にすると、自分へのすべてのフォローが承認制になる。
これらの設定を有効にすると、メニューにフォロー申請が現れ、これを開くとフォローの申請を承認または拒否できる。通知からも承認・拒否の操作を行える。

Twitterとの違い

フォローの承認制を有効にしても自動的にノートが非公開になるわけではないので、ノートに適切な公開範囲を設定する必要がある。

Twitterと同じようにノートをフォロワーにしか見せないようにする場合、公開範囲は「フォロワー」にすればよい。

同じプライバシー設定の「デフォルトの公開範囲」で投稿フォームの公開範囲の初期値を変更できる。

さらに、過去のノートの公開範囲は変更されないことにも注意されたい。