ServiceWorkerの設定をする

Misskeyには、ServiceWorkerを利用してユーザーにバックグラウンドで通知を送る機能が備わっている。

ServiceWorkerを有効するには、インスタンス > 設定 > ServiceWorkerで設定を行う。

まずは、設定を有効にしよう。

サーバーで以下のコマンドを実行する。

npx web-push generate-vapid-keys

Public KeyPrivate Keyが出力される。

これらをインスタンス設定画面に入力し、「保存」を選択する。

これでServiceWorkerの設定は完了だ。