他のサービスとの連携を設定する

目次

Twitter

一時期話題になったことだが、Twitterアプリの作成には使用用途を記入し審査を受ける必要がある。
審査には数日かかるようだ。

1. Twitterアカウントを作成

Twitterアカウントを持っていない場合、作成する必要がある。

2. Developer Accountとして認証し、アプリを作成

この記事(A)この記事(B)を参考にDeveloper Accountとして認証し、アプリを作成する。
(記事AはDeveloper Accountの認証まで、記事Bはアプリの作成まで解説されている)

アプリのコールバックURLはhttps://(your-misskey-instance)/api/tw/cbというように指定する((your-misskey-instance)は自分のインスタンスのドメインに置き換える)。

3. キーをデータベースに登録

インスタンス > 設定 > 連携 > TwitterTwitter連携を有効にするを有効にし、 Consumer Id と Consumer Secret を記入する。

GitHub

GitHubの連携の設定はとても簡単。

1. GitHubアカウントを作成

GitHubアカウントを持っていない場合、作成する必要がある。

2. OAuth Appを作成

https://github.com/settings/developers にアクセスしNew Oauth Appをクリック。

Authorization callback URLはhttps://(your-misskey-instance)/api/gh/cbというように指定する(your-misskey-instance)は自分のインスタンスのドメインに置き換える)。

3. キーをデータベースに登録

インスタンス > 設定 > 連携 > GitHubGitHub連携を有効にするを有効にし、 Client Id と Client Secret を記入する。

Discord

Discordの連携の設定はかなり簡単。

1. Discordアカウントを作成

Discordアカウントを持っていない場合、作成する必要がある。

2. OAuth Appを作成

https://discordapp.com/developers/applications/ にアクセスしCreate an applicationをクリック。

  1. Oauth2タブを開く
  2. Add Redirectをクリックし、出現したフォームにhttps://(your-misskey-instance)/api/dc/cbと記入する((your-misskey-instance)は自分のインスタンスのドメインに置き換える)。

3. キーをデータベースに登録

インスタンス > 設定 > 連携 > DiscordDiscord連携を有効にするを有効にし、 Client Id と Client Secret を記入する。