改造とライセンス

Misskeyはソースコードが公開されているため改造を自由にできる。
ただし、ソースコードを編集したMisskeyでインスタンスを運営する場合には、MisskeyのライセンスであるGNU Affero General Public License v3.0 (AGPL v3)に基づき、改造後のソースコードを公開する義務がある

ソースコードを即時に公開する必要はないが、要求されたら公開に応じる必要がある。

念のため書いておくが、default.ymlなどの設定ファイルの作成・編集については、コードの改造にはあたらない。

参考: OSDN八田氏によるAGPL v3の日本語訳

ソースコードの公開・表示方法(推奨)

特に拘りがない場合、GitHubにてフォークリポジトリを公開することをお勧めする。
Misskeyでナビゲーションウィジェット等で表示されるリポジトリURLは、管理画面のインスタンス設定にて変更すればよい。

  1. package.jsonversionを変更し、Misskeyをビルドしてデプロイする。
    バージョンはセマンティックバージョニングのプレリリースバージョンの表し方で指定するとよい(例: 11.36.0-myedition.1)。
  2. GitHubにサインアップする。
    (ここではアカウント名をyouとする)
  3. syuilo/misskeyにアクセスし、右上のForkをクリック。
    ページをリロードし、フォークが作成されたことを確認しよう。
  4. 作業環境に移動し、
    git remote add you https://github.com/you/misskey.git
    git fetch you
    git push you
  5. Misskeyの管理画面を開き、インスタンスタブを開き、インスタンス欄のその他の設定を選択。
    リポジトリURL欄をhttps://github.com/you/misskeyに書き換え、下の保存を選択。